LZMA SDK (Software Development Kit)

LZMA SDKは、LZMA圧縮を利用するアプリケーションの開発に必要な、ドキュメント、サンプル、ヘッダーファイル、ライブラリ、ツールが含まれます。

リンク サイズ 日付 バージョン 概要
ダウンロード 1 MB 2018-04-30 18.05 LZMA SDK
C, C++, C#, Java
x86/x64 binaries for Windows
ダウンロード 1 MB 2018-01-28 18.01
ダウンロード 1 MB 2016-10-04 16.04
ダウンロード 12 KB 2015-06-14 LZMA Specification (Draft)

変更点:

LZMA / LZMA2は、7-Zipプログラムにおける、7z形式の標準かつ一般的な圧縮形式です。 LZMAは、高圧縮率かつ高速な展開が行えます。そのため、組み込みアプリケーションにとても向いています。たとえば、ROM(ファームウェア)の圧縮に利用できます。

LZMA SDKに含まれるもの:

LZMA SDKに含まれるANSI-CC++のソースコードは、7-Zipソースコードのサブセットです。

LZMAの特徴:

LZMAのデコーダは整数演算のみ利用し、一般的な32ビットCPUで利用できます。

ライセンス

LZMA SDKパブリックドメインになりました

オリジナルのLZMA SDKコードは、ソースコード形式またはコンパイルされたバイナリ形式で、商用または非商用目的のどちらでも、いかなる手段でも、誰でも自由にコピー、変更、公開、使用、コンパイル、販売、または配布できます。

LZMAの関連リンク


Copyright (C) 2018 Igor Pavlov. OSDN.JP Project translated.